1998.10.10-11  福島駅西口空地特設テント(福島県福島市)
   10.17-18  錦町公園特設テント(宮城県仙台市)

作・演出  大信ペリカン
出  演  森新太郎 松田圭一
       鈴木加奈子 高橋美智子
       佐藤浩二 中川源和
       立花聡子 大内聖子

あらすじ


 前作「Eau DE Parfum」に続く、トリキング若者群像劇の第2弾。
 海辺の薄汚い一軒家を借りて現代美術の個展を開こうとしている若者達。アーティストの順子は個展のオープンが間近になっても作品を作ろうとしない。そこに照明機材のセッティングを手伝う為に青田という男がやってきた。ところが青田は表で彼らを手伝いながら、陰で小屋の周りに集まる猫を殺していた。死というものにリアルを求める順子は、そんな青田にシンパシーを感じ、浮ついている周りのメンバー達に距離を感じるようになる。やがて、メンバー達は一人一人準備をリタイヤし、個展は立ち消えとなる。準備も中途半端なままほおり出されたその空間に、青田の殺した猫の血が滴った・・・。